数秒は自然だった千葉の出会い掲示板
0


    私をうなずくウンヌ

    千葉出会い掲示板
    通常、これを言うと
    びっくりするのは自然なことです
    この人は彼が言うことができることをします

     

    千葉の出会い掲示板
    数秒間の対面の静寂

     

    千葉の出会い掲示板


    「ねえ、髪を乾かすことはできますか?」
    彼から背を向ける
    ドライヤーの音が広がる部屋


    数分後、髪が乾いた
    バスタオルだったから
    私の体は寒かった


    鏡の中千葉の出会い掲示板
    彼はベッドに横たわっていた


    彼のそばを滑って


    初めて会ったので千葉の出会い掲示板
    少し細い腕に頭を置きます
    右肩の左手
    左脚を左脚に絡めます

     

    彼に残された時間
    少なくなっていること
    知り合い


    この人のために
    意志の中で消えなければならない現実
    それはただの屈辱です
    このばかは私についてです
    心配していたらいいのに


    なんでこんなに優しいの

     

    千葉の出会い掲示板
    体が温まってるから
    腫れと半身の覚醒


    プチ
    今回は左中指で彼の眉毛を狙った
    今回はあまり良く聞こえません


    「………
    目を閉じてうなり声を聞いた
    彼に乗って心配しないで
    両膝のある肩
    右手で頭を抱える
    左手で右耳を引っ張る


    唇を耳に近づけます
    「ごめんなさい」千葉の出会い掲示板


    "それは悪かったです…"

    posted by: chiye6r | - | 12:37 | comments(0) | - |